福岡県生活協同組合連合会HOME  

メニューをスキップして本文へ
県連について役員のご紹介生協の分類地域生協学校生協大学生協職域生協医療生協福祉生協共済生協生協連合会会員生協一覧

福岡県生協連30年のあゆみ

 

県連について

■福岡県生活協同組合連合会について

私たち「福岡県生活協同組合連合会」は、福岡県内19の生協と4つの事業連合が加盟している都道府県連合会です。加盟会員生協をサポートするための情報提供や、会員生協同士の交流を図ると同時に、全国の生協との連携で生協法改正の取り組み、県行政との関係強化や他団体との連帯・連携に取り組んでおり、生協の社会的地位の向上をめざして活動しています。

■会員生協の活動支援について

  • 県生協連として、会員生協の担当者を対象にした「福岡県連基礎講座」を秋期に開催しました。

 

  • 大規模災害を想定した危機管理の一環として、県生協連内に「災害対策委員会」を設置して、緊急対応マニュアル作成や経験交流などを行ってきました。
  • 平和の思いをつなぐ虹の行進「ピースリレー」の取り組みを佐賀県生協連との連携で実施しました。
  • 県生協連として、会員生協向け福利厚生の一環として「2016年度ライフプランセミナー」を開催しました。
  • 熊本地震・東日本大震災の支援活動を全国の生協や会員生協・ボランティア団体と一緒に進めてきました。

■県行政との関係強化について

  • 福岡県行政の生協を管轄する窓口との日常的な協議や情報交換、事業に関わる訪問調査とともに、生協の事業に関わる指導や援助などの双方向の関係強化をめざしました。
  • 地球温暖化防止の一環として、ごみ削減の取り組み、マイバッグ運動の推進などの取り組みを進めました。
  • 福岡県「食の安全懇話会」などの審議会・委員会・協議会などに、会員生協の協力を得ながら積極的に参加してきました。

  • 熊本地震の発災時には、福岡県と締結の「緊急消防援助隊福岡県隊の応援出動における食料等の供給に関する協定書」により福岡県隊への飲食料の提供を2派に亘って行いました。また福岡市との災害協定に基づき大規模災害の訓練を目的とした「福岡市民総合防災訓練」に参加し、緊急物資輸送の訓練に従事しました。

 

  • 福岡県行政・県連共催で「平成28年度福岡県消費生活協同組合研修会」を開催しました。

 

  • 消費者庁主催の平成28年度九州・沖縄ブロック「地方消費者グループ・フォーラム」(長崎県)の開催に向けて、実行委員としての役割を担いました。

■他団体との関係強化について

  • 「2012国際協同組合年」IYC福岡実行委員会の継承組織である「協同組合ふくおかネットワーク推進協議会」の幹事会団体として、協同組合デーの記念講演・県内協同組合役職員対象の「協同組合ふくおか合同研修会」を開催するなど、ポストIYCの取り組みを推進しました。

 

  • 福岡県災害ボランティア連絡会の運営に参加し、熊本地震・東日本大震災支援や災害ボランティア派遣、災害時を想定した訓練などに協力してきました。
  • 福岡県労働者福祉協議会に参加し、県行政への要請、県民さわやかマラソン、福祉募金の取り組み、奨学金制度改善の取り組み、福祉電話相談等の交流と連携を深めました。
  • 消費者支援機構福岡の事務局として、適格消費者団体としての活動を支えました。消費者庁・県行政と協議を行い、委託業務受託や法律相談の窓口などを進めてきました。また、地域生協との協力で市民に向けた学習講演会を多数開催しました。

■福岡県連広報について

  • ホームページを開設しています。
  • 福岡県連広報誌(年度初め年1回発行)を行政や友誼団体にお届けしています。

■2017年度の基調方針

  • 会員生協の活動を支援、援助する機能・役割を強化します。
  • 県行政との関係づくりと関係強化を進める機能・役割を強化します。
  • 暮らしやすい地域社会づくりのために、生協以外の団体との連携、相互理解を進める機能・役割を強化します。
  • それらの活動を通して生協の社会的地位と役割を向上させます。
 
〒812-0016 福岡市博多区博多駅南1-3-11博多南ビル9階  TEL:092-472-7338 FAX: 092-472-7336  
 
(C)2009 FUKUOKA CONSUMERS'CO-OPPERATIVE UNION.